2017年3月8日水曜日

再会

懐かしい漫画が届きました。

谷川史子先生の傑作選「きみのことすきなんだ」に収録されている読み切り作品。
20数年前に読んでずっと探していました。
 
 
谷川先生の作品だという事は覚えていたのですが、
タイトルがわからず見つける事が出来ずにいました。
最近またふと思い出し、
ストーリーの覚えている部分を頼りに色々検索してみたら
それらしいものがヒットしたので注文してみたのです。
 
「緑の頃わたしたちは」
これだーーー!!緑の頃わたしたちは、だ!懐かしい!!
1ページ目を開いた瞬間、
懐かしいのと切ないストーリーが思い出されたりで泣けてしまいました。
高遠さん・・・。
20数年ぶりに読み返す事が出来ました。
今読んでもやっぱり愛らしくて切ないお話です。

2 件のコメント:

  1. 谷川史子先生の漫画、私も好きでした!
    (о´∀`о)
    切なくて、でも、じんわり心があたたかくなる作風だったように記憶してます。
    当時「はないちもんめ」という単行本一冊しか持ってなかったけど、とても印象に残ってます
    ╰(*´︶`*)╯

    レプリカさん可愛いですね!
    ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    返信削除
    返信
    1. 本当ですかー!!
      そうなんです、絵柄もお話も柔らかくて少し切ないんですよね。
      登場する女の子達もみんな芯が強く明るい子が多くて好きです(o^^o)
      今年はリカちゃん誕生50周年でまたレプリカちゃん出るかな?
      なんて期待していたのですがそんなお話は全然聞こえて来ませんね^^;

      削除